2015/02/12

小枝の祁門紅茶キーマンティー

mobile photo森永の期間限定の小枝「祁門紅茶(キーマンティー)」です。
祁門紅茶(キーマンティー)は、中国の安徽(アンキ)省祁門県付近で作られ、ダージリンやウバと並んで世界三大紅茶と言われているそうです。
蘭(ラン)や薔薇(バラ)のような独特な香りが特徴と言われていて、小枝の祁門紅茶(キーマンティー)も薫り高い仕上がり。
小枝のもう一つの期間限定の紅東スイートポテトと比べ、甘味が抑えられていて、私は祁門紅茶(キーマンティー)の方が好みです。

ヒトミ

著者:ヒトミ

東京在住。犬のいない生活なんて考えられない!犬中心の毎日を送っています。趣味はアジリティー(ドッグスポーツ)と写真。

Twitterフォロー