2014/05/27

坐骨神経痛と骨粗鬆症

左側の腰と背中にしびれを感じるので、
大学病院に行ってきました。


痛みはまったくなく、椅子に座っているときだけ
痺れがあります。
3年前にスケートでハデに転んだせい?
痺れといっても、正座でしびれるのよりもずっと
軽いので、大学病院まで行くほどじゃないかな?
って感じですが、オットが通院するのでついでに。
診察は問診後、ベッドに仰向けになって
足を片方ずつ上にあげたり、うつ伏せで
足首をおしりの方に持っていったり。
このような痺れの場合、坐骨神経痛やヘルニア、
腰部脊柱管狭窄症が考えられるらしいですね。
レントゲンで骨がどういう状態になっているか
診ることになりました。
腰部のレントゲン画像ヘルニアではなく、レントゲン画像からは
原因ははっきりしないようです。
ただ、脊椎の一つに変形していることが
わかりました。
赤丸の部分です。
初期で軽度の骨粗鬆症かも…、と言われショックガクブル
女性の場合は、加齢によりエストロゲンが
減少するので骨粗鬆症になりやすいそうですね。
骨粗鬆症かどうかは骨量を調べればわかります。
私は今回は調べませんでしたが…。
治療と予防には、適度な運動とカルシウムの摂取が
必要と言われています。
カルシウムとただ取るだけじゃなく、吸収を助けてくれる
マグネシウムやビタミンD、ビタミンKも一緒に取ることが
大切のようです。
カルシウムといえば牛乳などの乳製品がメジャーですが
私はできるだけ避けたいので、大豆や納豆、もしくは
サプリメントで補うようにしようかと思ってます。

ヒトミ

著者:ヒトミ

東京在住。犬のいない生活なんて考えられない!犬中心の毎日を送っています。趣味はアジリティー(ドッグスポーツ)と写真。

Twitterフォロー