2015/10/07

アジリティー練習会(2007年2月4日)

先生のパートナーのビット今年2回目の練習会が行われました。
今回は、オープン1にジン、オープン2にモルト、ジャンピングはパスして、アジリティーにキャンティと出ました。
キャバリアのジンとモルトは心臓がよくないので、今はアジリティーの練習は全くしていません。ですが、寒からず暑からずいい陽気なので、一緒に楽しむことにしました。家にいてまた何かヘンなものを食べられても困るしあせあせ


《ジン》
オープン1のハードルは競技会のときより低いのですが、スタートから落としてしまいました。腰もいいとはいえないので、後ろ足を引っ掛けてしまうようです。先生にも「年を取りましたねー」と言われてしまいました。
2走したけれど、1走にしておけばよかったかな。家に帰ってから、いつも以上に腰を振って歩いていました。
《モルト》
オープン2を走ったモルトは、相変わらず「マテ」に不安ありはぁ
でもまぁ、楽しく走れたからいいよね?
《キャンティ》
アジリティーしか出なかったのに失格わーん
ワタシの立ち位置が悪くて、キャンティは別のハードルを飛んでしまいました。これも検分ミスになるかなぁ。気がついたら、思ったところと違う場所に立っていたんですよねー。スラロームのあと、フロントスイッチしない方が良かったか…。
あと!
タッチ障害をことごとく飛んでましたフンッ
キャンティはタッチ障害の下りが遅いので、レッスンでは止めずに次の障害に行かせていたんです。次回のレッスンではきちんと止める練習をしなければ...

ヒトミ

著者:ヒトミ

東京在住。犬のいない生活なんて考えられない!犬中心の毎日を送っています。趣味はアジリティー(ドッグスポーツ)と写真。

Twitterフォロー