無邪気で天真爛漫なホッピーと慎重(ビビリ!?)なノアとの日常をつづっています♪

ほぴのあボーイズ Dog*Walk

アジリティー

OPDESアジリティ競技会in秋ヶ瀬2days(12月)

投稿日:2017年12月22日 更新日:

秋ヶ瀬公園

秋ヶ瀬公園でOPDESのアジリティ競技会が行われ、2日間参加して来ました♪

【1日目: STP】

標準タイム52.12秒
競技タイム44.54秒、5席

ノアがタッチ障害を下るのを見ているだけになっているので、早く下に行くように促すこと。私の手の位置が高い。

【1日目: AG3】

コース全長192m、標準タイム64秒、旋回スピード3.00
失格

STPのコース

セミファイナル権を持っているなら、このハンドリング!と先生に言われてレイヤーに挑戦。私はノアを2番トンネルに送った後、ドッグウォークの赤矢印側を走りました(ノアは水色のラインを走ります)。

2~3番のトンネルからトンネルのレイヤーがうまくできた♡とノアの成長を心で喜んでいたら、4番ハードルを拒絶の挙句、逆飛びして失格。ノアのテンションがよかっただけに残念。

【2日目: STP】

標準タイム51.216
競技タイム43.03秒、3席

タイヤをハウスと言い間違えて慌てて言い直す。手が高いなー。ときどき思い出したように手を低くするけど、またすぐに戻ってしまう。

STP3席

【2日目: AG3】

コース全長185m、標準タイム61秒、旋回スピード3.03
競技タイム50.72秒、スピード3.65、4席

コマンドを連呼しすぎで、かえってわかりにくい指示になっている。気をつけねば。

まとめ(反省)

IFCSの選考会が併設だったので、参加するお友だちの応援もしました(というか、こっちがメイン)。

競技前にアクシデントがあってもキッチリ走って結果を出した人、気合の入った渾身の走りで魅せてくれた人、2走目以降圧巻の走りを見せてくれた人を見て胸が熱くなりました。

来年はこういう場で走れるように練習しよう! そのためには、理想のハンドリングができるように、特に本番では意識して走ろう。注意点を紙に書いて持っていく?

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ヒトミ

ヒトミ

東京在住。犬のいない生活なんて考えられない!犬中心の毎日を送っています。趣味はアジリティー(ドッグスポーツ)と写真。

-アジリティー
-, ,

Copyright© ほぴのあボーイズ Dog*Walk , 2018 All Rights Reserved.