動物霊園もいろいろ

Yahoo!ニュースで知ったんですが、驚きました。


共同墓地の収容量が飽和状態になったため、
火葬したイヌやネコなどの動物の骨の一部が
土嚢(どのう)袋に収容されたまま、
埋葬できない状態にあるというニュース。
真偽のほどはどうだったのでしょうね。
ペット霊園には法規制がなく、埋葬に関しても
袋詰めは違法ではないそうです。
驚きです・・・
ペット霊園もそうですが、ペット葬儀を行ってくれるところも、
良し悪しはいろいろですね。
シェリーとモルトをお願いしたところは、今まで丁寧だと思っていたんですが、
友人のブログを読んで、ウチのはフツーだと思いました。
相模原なんですが(名称は失念しました)、火葬したあとの骨を綺麗に
並べてくれるんですよね。
まるで人間を扱うような丁寧さ。
犬や猫、その他のペットを家族のように思っている人にとっては、
こういうところでお願いしたいと思うだろうな思いました。
それで、アレなんですけど、やはりこういうことは時間のあるときに、
事前に調べておいた方がいいですよ。
そういう状況になると、とてもネットで調べる気になれません。
動物病院などで紹介もしてくれますが、そこがいいかどうかは
実際にお願いしてみないとわかりません。
地域性の高いものなので、ご近所の方に聞くのも有効だと思います。
ちなみにウチは、城南ペット霊園で、立会葬でお願いしました。
まだ埋葬はしていません。。。

ヒトミ

著者:ヒトミ

東京在住。犬のいない生活なんて考えられない!犬中心の毎日を送っています。趣味はアジリティー(ドッグスポーツ)と写真。

Twitterフォロー