レヴォーグ1.6GT EyeSightからSUBARU XV2.0i-Lへ買い替えた!

SUBARU XV2.0iL

レヴォーグからXVに乗り換えました。我が家は頻繁に買い替えることはせずに1台を長く乗るタイプ。まさかこんなに早く(初回の車検前に)レヴォーグとお別れすることになるなんて……

レヴォーグからXVへ

レヴォーグの不満なところ

  • 路面の凹凸を拾う(乗っていてゴツゴツ突き上げる)
  • 地上高が低い(13cm)
  • 出だしがもっさり

レガシィB-SPORTから乗り換えてオットが真っ先に口にしたのが乗り心地の悪さ。ショールームで一目ぼれして購入を決めてしまったので、まったく試乗をしていなかったのです。前車がノンターボで加速が悪かったこともあって、ターボ車のレヴォーグにほぼ即決。乗り心地なんて大差ないだろうと思ってました(^_^;)

ハマクロはクッションを2枚敷いたりして調節してましたが、痩せて以来さらにゴツゴツ感じるようで長距離は辛そうでした。

私は地上高の低さが不満。アジ車としては低すぎる! 競技会の会場(主に河川敷)で下を擦るんじゃないかと気が気じゃないし、コンビニでは前向き駐車で車止めにぶつからないように、また段差では斜めから進入するなどいちいち気を使います。

そんな不満が積もってきたところ、それを解消するようなXVが新型になるとディーラーさんにささやかれたのが運のツキ(笑) レヴォーグの下取り価格が良かったことが買い替えの後押しになりました。

【注】LEVORG2.0STI Sport EyeSightは1.6GT EyeSightとは別物

LEVORG2.0STI Sport EyeSight

代車で2.0STI Sport EyeSightに乗る機会がありました。多少硬い感じはするものの、1.6GT EyeSightほどゴツゴツした突き上げ感もなく、出だしもスムーズ。これだったらもう少し長く乗っていたかも、と思いました(価格が違いすぎるけど)。

SUBARU XVの印象

  • 乗り心地がよくなった(若干ふわふわするかも)
  • 地上高が高くなって段差も安心(20cm)
  • 出だしのもっさり感が無い
  • 加速がスムーズ(2.0だから?)
  • アイサイトが進化している(同じバージョンのはずだけど?)
  • 目線が高くなり運転しやすくなった
  • 空転防止のX-MODEがある

以前、大雨でぬかるんだ競技会の駐車場でスタックしたことがあるので、X-MODEがあるのも心強い!

 icon-arrow-circle-o-right 四駆でもハマった! 車がぬかるみでスタックしたときの脱出法

XVのここが残念!

フロントコーナービューカメラ、コーナーセンサー、フェンダーコントロールを共着できません。全部付けることができたらいいのに~。我が家はフロントコーナービューカメラと迷って、コーナーセンサーにしました。

MOPとDOPはコレにしました

MOP(メーカーオプション)はアドバンスドセイフティパッケージとレザーシート(滑るから好きじゃないけど掃除のしやすさを優先)のあるBGCを選択。

DOP(ディーラーオプション)はベースキット(選択アイテムはLEDアクセサリーライナー)のほかに、アクティブスタイルキャンペーンのユーティリティパッケージ(フロントサイドシルプレート、カーゴステップパネル、カーゴトレーマット)、ドライブレコーダー、リヤビューカメラ、ディスプレイコーナーセンサー、シャークフィンにしました。

まとめ

運転の楽しさはレヴォーグの方があるかな? カーブでの路面への吸い付き感はXVあまり感じません(安定感はあるので怖さは感じないけど)。荷室が小さくなり前ほど荷物を積めなくなりましたが(競技会用のタープは横に入らなくなったので後部座席を倒して縦に入れる)、今まで不満に思っていた部分が解消されたXVに満足しています♪

我が家の車に求める条件

ちなみに我が家が車に求めるのは、以下の3つ。

  • 狭い車庫に入る(高さ・幅に制限アリ)
  • AWDである
  • アイサイトがある

犬と一緒に出掛けるので本当はワンボックスがいいのですが、なんせ車庫が小さいのでムリ。軽のワンボックスも高さがネックで入りません。XVにルーフレールを付けるのをやめたぐらい低いのです。

AWDは2WDと比べて雨の日とか路面凍結時とか安心。

アイサイトはやはり安心感が違います。もう付いてない車には乗れません(笑)

ヒトミ

著者:ヒトミ

東京在住。犬のいない生活なんて考えられない!犬中心の毎日を送っています。趣味はアジリティー(ドッグスポーツ)と写真。

Twitterフォロー