女子フィギュアスケート 荒川静香金メダル!

鳥肌が立ちました!
▼追記
技術はあっても表現力が今ひとつ伸び悩み、金メダルにはなかなか届かなかった女子フィギュアで日本が金メダルとは!
荒川選手は、やるべきことは全てやってきたという人の滑りで、トリプル・トリプルがなくなったり、トリプルがダブルになったりという箇所はありましたが、観客を引き込む素晴らしい演技でした。いつもより若干スピードがなかったような気もしましたが、エッジワークも素晴らしく文句なし!イナバウアーは彼女が一番きれい。見ていてウルウルきました。ブルーの衣装も似合ってましたね。
本当は、スルツカヤもコーエンも会心の出来で、全日本のようなハラハラドキドキする試合運びの中、さらに荒川がその上を行くというのが理想でしたが、そこはオリンピック。これ以上は望みませぬ。
村主選手も感動的な演技でしたが、ジャンプの回転不足などがあり思うように点数が伸びなかったのが残念でした。バンクーバーも目指すそうなので、これからも応援します♪
今回はちゃんとライブで見ました。3時まで起きていてそこから競技を見るというのは、ムリだと今更ですがやっと分かったので、12時には寝て5時起床。第3滑走グループから見ました。第1・第2グループは後でビデオで見るということで…。
あまりの感動でFさんとAさんと速攻でメールのやり取りをして、嬉しさを分かち合いました。
▼2006.2.25追記
帰宅してビデオをチェックしたら違う競技が延々と…(;_;)
BSを録画していたのですが、今回は総合でやったのですね。。。

ヒトミ

著者:ヒトミ

東京在住。犬のいない生活なんて考えられない!犬中心の毎日を送っています。趣味はアジリティー(ドッグスポーツ)と写真。

Twitterフォロー