ぎっくり腰の顛末

昨日から仕事してます!
通勤時にゆっくり~ふつうに歩く分にはいいのだけど、急ぎ足になると腰に響きますねぇ(;_;)
デスクワークがほとんどで、同僚の配慮でたいして仕事してないのに腰が疲れるぅ。
で、事の顛末ですが…


アジ仲間にフィギュアスケートを習っているヒトがいて、お休みの取れた8月26日(金)に見学させてもらいに新横浜に行きました。
整氷された綺麗なリンクで少人数のレッスン。羨ましい~。
そういえばそんな練習をしたこともあったっけ。実は二十数年前に習っていたことがあったのです。
一応マイシューズを持って行ったので、教室のレッスンが終わった後の一般滑走の時間に友人と滑りました。スケートシューズはブレードがある分普通の靴より背が高くなります。これがリンクの上に立つと、視界が変わってちょっとコワイ。
最初は恐る恐る滑っていたのですが、調子に乗りすぎたみたい(苦笑)
転んだときに手をついてお尻がドスンと落ちたのに、お尻は全く痛くなくてなぜか背中というか腰が痛くて呼吸ができない~っ(>_<) リンクからあがって休んでいたら、腰が固まってきた感じ…。これってまさか!? そうです、ぎっくり腰になっていたのです(;_;) 駐車場まで友人に荷物を持ってもらい、車までたどり着いたはいいけど、帰るのが非常に辛かった。運転席に座るのも大変、駐車料金を払うのも大変、体の向きは変えられないし、渋滞するし。 家に着いて布団に横になったら動けなくなってしまいました。 その日はすごくお天気もよく30℃を越す暑い日だったのですが、こういう時って暑さを感じないんですね(@_@) トイレも行きたくならなかったし。あ、でもおなかは空いた(爆) 何か食べたいので、キッチンに行こうとトライすること3回。かろうじて這うことはできるけど全く立てません。食事は挫折しました…。 無理したつもりはないのに体がついていかなったというのは、やっぱり年のせい!?

ヒトミ

著者:ヒトミ

東京在住。犬のいない生活なんて考えられない!犬中心の毎日を送っています。趣味はアジリティー(ドッグスポーツ)と写真。

Twitterフォロー