乳がん検診でマンモグラフィ検査

乳がん検診でマンモグラフィ検査を受けてきました。
区の健康診断で特定健康診査と合わせてやったのですが
マンモグラフィは初めての経験です。


マンモグラフィの検診内容は
→ 問診
→ マンモグラフィ検査
→ 視触診
の3つ。
問診では、気になることがあるかどうかを聞かれます。
視触診は、実際に触ってしこりがあるかどうかを確認。
マンモグラフィは、レントゲン撮影。
どうやって撮影するかというと、胸を片方ずつレントゲン
フィルムの入った板状の台と透明プラスチックの板に
挟んで、ギュギュ~ッと平らにして行います。
これが痛いのなんのわーん
我慢できないほどじゃないけど、早く終わって~って感じです。
これを片側斜めで1回、上下で1回やりますから合計4回!
生理前の胸の張る時期だったら拷問のように感じるかも。。。
痛みの感じ方は人それぞれですし、胸の柔らかさによっても
違ってくるようですね。
私の胸は固い方みたいです。
よく言えばハリがある。
悪く言えば…
胸が小さいドクロ
胸が小さくても大丈夫でしたあせあせ
できるだけ板に胸を近づけて、レントゲン技師の方が
胸をかき集めてくれますw
マンモグラフィは胸を薄く均等にすることによって
見つけにくい腫瘍が発見できる、石灰化がわかります。
早期発見のためにも定期的に受けたいですね。
しこりなど気になるなら今すぐ!
気にならなくても安心せずにできるだけ早く!
タレントの山田邦子さんは、テレビ番組の出演が
きっかけで早期発見でき、温存療法をされたとか。
他に乳がんを患った芸能人には、
→ 宮崎ますみさん
→ 川村カオリさん
→ 倍賞千恵子さん
→ アグネス・チャンさん
→ 音無美紀子さん
などがいらっしゃいますね。

ヒトミ

著者:ヒトミ

東京在住。犬のいない生活なんて考えられない!犬中心の毎日を送っています。趣味はアジリティー(ドッグスポーツ)と写真。

Twitterフォロー