2015/02/13

Nikon D5100 と Canon EOS Kiss X6i 【AWB】

初めて買ったミラーレスじゃないデジイチがNikon D5100。
最近は、それにf2.8通しの標準ズームレンズを付けて撮っています。
ところが、Mam先生のような透明感のある写真が撮れません。

そんな風に思っていたところ、前回の犬@写真部でMam先生から
お散歩用に最適のカメラシステムを教えていただき…

撮り比べてみました!

ニコンにはAF-S DX Zoom-Nikkor 17-55mm f/2.8G IF-ED
キヤノンにはEF40mm F2.8 STMを付けて撮影。
ピクチャーコントロール(ピクチャースタイル)はどちらも
スタンダードでホワイトバランスはオートです。

同じ画角で撮るのは難しく、参考程度の画像ですが
それでもメーカーの傾向がハッキリとわかりますね。

【ニコン】
ホッピー

【キヤノン】
ホッピー

ホッピーの白い毛を見ると、ニコンの方が黄色っぽい。

【ニコン】
ノア

【キヤノン】
ノア

ニコンの方が暗い。

【ニコン】
ノア

【キヤノン】
ノア

ニコンの方はWBをB3M1にして黄色みを抑えてみました。
露出補正を+1しましたが、キヤノンと比べると暗いですね。
キヤノンは明るすぎて白飛び。
手前のクッションの陰影が分からなくなっています。

【ニコン】
ノア

【キヤノン】
ノア

ニコンのWBをB3M1、露出補正+1にしているので
キヤノンの方が黄色く見える。
キヤノンは白飛びして、ノアの毛とクッションが一体化。

【ニコン】
白皿

【キヤノン】
白皿

キヤノンの方は白いお皿のくぼみが分からなくなっている。

【ニコン】
ノア

【キヤノン】
ノア

ニコンのWBの調整なし。
総じてニコンの方が黄色く暗い仕上がり。
どうりで透明感が出ないわけです。

ただ、明暗差があるところだと暗めのおかげでニコンは
白飛びしにくいので、素人には失敗しにくいとも言えます。
明るくするのはソフトでできますしね。

で、結局どちらがいいかは・・・?(爆)

ヒトミ

著者:ヒトミ

東京在住。犬のいない生活なんて考えられない!犬中心の毎日を送っています。趣味はアジリティー(ドッグスポーツ)と写真。

Twitterフォロー