2014/07/11

独断!ハーネスランキング【着脱編】

お友だちがホッピーにハーネスを貸してくれました♪
メガネ型ハーネスといえばコレ!のBB(バディベルト)です。

バディベルト

一番したのがバディベルト

さすが本革製。
使い込むと体になじみ、肌当たりも柔らかく皮膚が擦れて
赤くなることもなさそうな感じ。
合皮でこのクオリティのものがあればなぁ・・・

ホッピーより一回り大きいきなこちゃんのBBを着せてみると
ちょっと大きいかな~?(推定サイズ4号)
寒さ対策で洋服を着せる冬には良さそうです。

ホッピーの胴回りは34~35cm。
3号がいいのか3.5号がいいのか・・・
ラック君が3号ならホッピーには小さいかなぁ。
色によって革の柔らかさも違うようですし、購入するなら
実際に試せるお店に一度行った方がよさそうですね。

私がハーネスを選ぶポイントは
 ・犬に優しい
 ・着けやすく脱がせやすい

首回りが敏感なホッピーには
何といっても簡単につけられることが大切。
嫌がって暴れて脳圧が上がったら元も子もないので…。

実際に使ってみたハーネスの中からランキング☆

着けやすさ
 1.トレポンティのフィッビア
 2.パーフェクトフィットハーネス
 3.コンフォートフレックス
 4.ユリウスケーナイン

脱がせやすさ
 1.トレポンティのフィッビア
 2.パーフェクトフィットハーネス
 3.ベスト型ハーネス

ノア

ベスト型ハーネス

≪解説≫
片足ずつ足を通すのが苦手なホッピーには
両足をいっぺんに入れるトレポンティのフィッビアが
一番着脱が簡単でした。

ただ、スリングの中で体の向きを変えたりすると
前足が胸のところに引っかかることが。。。

パーフェクトフィットハーネスは足を通さないのが◎
外す時もバックルをパチッとするだけ。
ただし、こちらもスリングの中で足抜けの経験あり。

ユリウスケーナインは頭を通すところが小型犬には
小さいので脱がせる時が大変。

ベスト型ハーネスは片足ずつ通すので、着せるのは
大変だけどベルクロ(マジックテープ)なので
脱がせるのは簡単。

とまぁ、今のところこんな感じです。

※メガネ型ハーネスは様子見中につき感想は改めて♪

ヒトミ

著者:ヒトミ

東京在住。犬のいない生活なんて考えられない!犬中心の毎日を送っています。趣味はアジリティー(ドッグスポーツ)と写真。

Twitterフォロー