2016/03/30

SnapWidgetはGoogleAnalyticsコードを埋め込んでいた!

snapwidget

 

Instagramに投稿した画像を「SnapWidget」というサイトで生成したコードを使って、このブログのサイドバーに表示していました。

ところが、見覚えのないGoogle Analyticsのトラッキングコードが埋め込まれていたがわかり、不安になったのでInstagram Feedに変更することにしました。

 

GoogleAnalyticsコードが3つあることが発覚!

このブログはアクセス解析にGoogleAnalyticsを導入しています。
とある方にブログを見ていただいたところ、「UA-」から始まるトラッキングコードが3つも記述されていることがわかりました。

ひとつはテーマ(テンプレート)とプラグインの両方で設定していたことが原因でした。
もうひとつは「UA-26211480-1」という、見覚えのないコード。

調べてみたら、SnapWidgetのサイトで使われているものでした。

 

ええ~っ!?こんなことってアリ??

 

コードが重複していると正しく解析されないので、SnapWidgetを使うのはやめました。

トラッキングコードが重複していると

  1. PV(ページビュー)が重複してカウントされることがある
  2. 直帰率が実際より低くなる

というように正しく解析が行われません。

 

私の場合、直帰率が6.35%になっていました。

直帰率

 

ちなみに直帰率とは・・・

直帰率とは、1 ページしか閲覧されなかったセッション(ユーザーが閲覧を始めたページから他のページに移動することなくサイトを離脱したセッション)の割合です。

 

直帰率が低いということは、ブログがよく読まれているという目安になりますが、あまりにも低い場合は(20%未満)、不具合がないかチェックすることをお勧めします。

ChromeブラウザにTag Assistant (by Google) という拡張機能を追加すると、コードが重複しているかどうかを簡単に確認できます。

ブラウザ右上の青いタグのアイコンをクリックして、DONEボタンを押します。

google-tag-assistant

 

数字が1になっていればOKです♪

result-tag-analysis

 

Instagram Feedの設定方法

というわけで、IGの表示にはWPのプラグインの「Instagram Feed」を使うことにしました。

instagram-feed

 

管理画面 > プラグイン > 新規追加 で「Instagram Feed」検索、インストールします。

メニュー > instagram feed > 1. Configure の画面で赤枠のボタンをクリックしてInstagramにログインし、アクセスを許可してTokenとUSER IDを入力します。
※IDはユーザーネームではなく7桁の数字です。

ig-feed-setting1

 

 

2. Customizeで表示方法を設定します。

ig-feed-setting2

 

9枚の画像を3列で表示するようにしました。

ig-photos

 

3. Display Your Feedに表示された[instagram-feed]を

外観 > ウィジェット

でサイドバーに追加したテキスト欄にコピペ。
※始まりと終わりの角括弧(かくかっこ)は半角にしてください。

ig-feed-setting4

 

Google Analyticsを活用していなかったこともあって、この不具合にずっと気づいていませんでした(^_^;)
無料で利用できるサービスにはこういうものもあるのですね。
今回、ブログをチェックしていただく機会があってよかったです。

 

ヒトミ

著者:ヒトミ

東京在住。犬のいない生活なんて考えられない!犬中心の毎日を送っています。趣味はアジリティー(ドッグスポーツ)と写真。

Twitterフォロー