2015/10/14

フリスビー

同じキャバリアでも3頭それぞれで、シェリーはボール遊びはほとんどしない。強いて言えばデンタルコットンの引っ張りっこぐらいかな。ジンは、ボール遊びは好き。でも、すぐに飽きちゃうし、モルトにすぐ取られちゃう。で、モルトに怒ってる(笑) モルトは、ボールに対して抜群の集中力を見せるので、ひょっとしてこいつフリスビーいけるかも?!っという、超親ばかな思いからフリスビーの練習をはじめること、早1ヶ月。自分だけで練習していてもコツが分からないので、いろんなディスクドッグ協会に連絡して、セミナーの予定を聞いたところ、JDDAの先生が見てくださるというので、モルトを連れて行ってきました(先生ありがとう!)。最初から遠くに投げて取らせることは考えないで、近くで確実にキャッチさせることが大切だとおっしゃってました。「この子ならできるでしょう」と言われ気を良くしたものの(スミマセン、親ばかで…)、問題は投げ手である私。そんなわけで、スローイングの練習もしていただきました。見てると簡単そうに投げてるけど、やるのは難しいですねぇ… 先生いわく「上手に取らせるためにはうまく投げてやることが大切。」 ごもっともです。なんか挫折しそう… 一緒に練習してくれる人いないかなぁ。

ヒトミ

著者:ヒトミ

東京在住。犬のいない生活なんて考えられない!犬中心の毎日を送っています。趣味はアジリティー(ドッグスポーツ)と写真。

Twitterフォロー