動物病院に42万支払い命令

共同ニュースより

 愛犬の手術がインフォームドコンセント(十分な説明と同意)なしで行われ、死んで精神的損害を受けたとして、飼い主の夫婦が動物病院に、計約350万円の損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決で、名古屋高裁金沢支部の長門英吉裁判長は30日、請求を棄却した一審判決を変更、病院側に42万円の支払いを命じた。判決理由で長門裁判長は愛犬を失った精神的苦痛は慰謝に値する」とした。

ヒトミ

著者:ヒトミ

東京在住。犬のいない生活なんて考えられない!犬中心の毎日を送っています。趣味はアジリティー(ドッグスポーツ)と写真。

Twitterフォロー