2015/10/07

アジ@つくば

つくばのドッグスポーツ会場でアジリティーがありました。
ここのところ、2リンク同時スタートが多かっのですが、今回は2リンクを一つずつ使って競技が行われました。
競技をしていないリンクには次のコースが設置され、ハンドラーはそのコースの競技が開始される前まで、好きな時に好きなだけ検分できます。こういうスタイルは初めてです。
いつもはJP、AGそれぞれの競技前に7~10分の検分時間が設けてあります。
私は出走順番が遅かったので、JPを走る前にAGを検分しないといけないのには戸惑いました。検分して2つのコースを覚えておかないと、JPを走り終わるとすぐにAGの競技が始まってしまい、AGを検分する時間がなくなってしまうのです。
JPはボックスをぐるぐる回りダブルバーもあるコース。
ミス1、拒絶2、タイム減点あり。
友達に言わせると、キャンティは意欲的だったがハンドラーがドタバタだったそう。私もそう思いました。なんかかみ合わないまま、とりあえずゴールはできたという感じ。
AGはスタートのハードルのあとロングジャンプがあり、その正面にAフレームが見えているのですが、3つ目の障害は左のウィービングポールとトラップがいきなりあるコース。
ウィービングポール入り口のスペースがなくて難しいかったのですがフロントスイッチでそこをクリアして気が抜けたせいか、次の障害への指示が甘いわ、次の障害が気になってキャンティから目を離すわで、またもやドタバタ。
拒絶2、タイム減点ありという結果でした。
とはいえ、2度で初めて最後まで走れましたのは嬉しかったです。
この会場は草が少なく細かい乾いた土で、検分の時などホコリがすごくてまいりました。本部もここでやるそうなので、マスクを持っていかなくては。

ヒトミ

著者:ヒトミ

東京在住。犬のいない生活なんて考えられない!犬中心の毎日を送っています。趣味はアジリティー(ドッグスポーツ)と写真。

Twitterフォロー