2015/10/14

懲りないヤツら

それは、モルトと私である。
化粧ポーチがなぜかソファの近くにころがっている。
おかしいなぁと思ってソファを何気なく見ると、モルトがカバンから扇子を取り出して齧っていた。
あぁ、またカバンを開けっ放しで床に置いてしまった…。
見つかったモルトは謝るのだが、モチロンその場しのぎである。

ヒトミ

著者:ヒトミ

東京在住。犬のいない生活なんて考えられない!犬中心の毎日を送っています。趣味はアジリティー(ドッグスポーツ)と写真。

Twitterフォロー