2016/09/05

嗅神経芽細胞腫摘出手術、そして退院

一昨年暮れのMRI結果がよく安心してましたが、
またまた再発しました。
今回は嗅神経芽細胞腫です。
2月5日に入院して、今日退院できました。
比較的早期発見だったため、内視鏡手術で済み
ハマの黒ヒョウはみるみる回復。
やはり開頭するのとしないのではずいぶん違いますね。


先生には

  1. 内視鏡手術
  2. 鼻の脇を切開
  3. 開頭

の三段階を考えていると言われていました。
どうなるかは手術当日にならないと何とも言えないと。
再発のリスクを考えると開頭して腫瘍部位を広く深く
取り除くのがいいのでしょうが、前々回の手術ですでに
左目を摘出しているため、なんとしても右目は残して欲しい
というのが本人の希望でした。
取り残しがあったとしても、右目は残したい。
強い強い意志でした。
右目を残すことになりましたが、視神経の近くを触るので
最善は尽くすけれど視力が低下する場合もありうると
事前に説明を受けていたので、術前と同じように見えることが
とても嬉しかったようです。私も安心しました。
過去に放射線治療を受けており、照射線量の関係で今回はなし。
この理由で、ガンマナイフによる治療は選択肢に入りませんでした。
無事に終わってホッとしました!

ヒトミ

著者:ヒトミ

東京在住。犬のいない生活なんて考えられない!犬中心の毎日を送っています。趣味はアジリティー(ドッグスポーツ)と写真。

Twitterフォロー