2016/09/06

爪切り

エリカラをしているホッピー
エリザベスカラーをしていますが、怪我をしたわけではなく。
昨日、水頭症の薬をいただいたついでに爪切りをしてもらいました。
というのも、噛んで暴れるので自分ではできなくて
先生に「噛む犬を飼ったことがないでしょう?」と言われたけど、
確かに、爪切りができないのはホッピーが初めて


前に飼っていたキャバリアたちも爪切りが嫌いでしたが
噛んで抵抗することはなく、体をくねらせて逃れようとするので
切りにくいという感じ。
グローネンダールのキャンティは、最初の頃、抵抗するのに
パッと口が出るのでキャバリアとは違うなぁと思いましたが
歯を当ててくることはなかったし。
でも、ホッピーは思いっきり噛んできます
発症前はできてたので、病気のせい・・・?
飼い主を噛む犬なんて、ありえない!育て方が悪いのでは?
と以前は思ってましたが、そうとも言えないんですねぇ。。。
で、噛まれないようにエリザベスカラーをすることになりました。
【エリザベスカラー=爪切り】という図式が成り立つと
エリザベスカラー自体をつけられなくなるので、おやつをあげたり
遊んで【エリザベスカラー=いいことがある】と学習させるのが
ポイントだそうです。
エリザベスカラーでダメだったら口輪を使うそうです。
そうなったら自分でするのは諦めて、病院に任せようと思います。