女帝が逝く

おやつを出そうとバッグやポケットに手を入れると
遠くにいたはずのエルちゃんが、なぜかいつも足元に。
キラキラのまん丸お目々で見つめられたら、誰だって
あらがえません。
チャーミングなエルママ家の女帝ことエルちゃん
7歳を前に旅立ちました。
心からご冥福をお祈りします。
エルちゃん

ヒトミ

著者:ヒトミ

東京在住。犬のいない生活なんて考えられない!犬中心の毎日を送っています。趣味はアジリティー(ドッグスポーツ)と写真。

Twitterフォロー