寂しいけど悲しいけど、辛くない…!?

ジンが亡くなってもうすぐ3週間。
亡くなった当初は、これからどうなるんだろう?
立ち直れるんだろうか?
と自分自身を心配していました。
いわゆるペットロスですね。
ジンは一番のママっ子でしたし、私も溺愛してましたし。。。
シェリーが亡くなった時も、モルトが亡くなった時も
想像していたよりずっと辛かったので、
覚悟していたんですけどね。
それとはちょっと違う感じ。
自分なりに考えてみたのですが、
「別れ方」
にあるんだと思います。


シェリーもモルトも具合が悪くなってから
あっという間に逝ってしまいました。
ジンとは半年という時間があった。
いよいよと思ってから1週間。
少しずつ、別れの準備ができていたのでしょう。
だから、ジンの死を受け止めることができたんだと思う。
悲しさも襲ってくるし、寂しい気持ちはぬぐえませんが
過去に経験した「辛い」というのとは、ちょっと違う。
そういうふうに思いました。

ヒトミ

著者:ヒトミ

東京在住。犬のいない生活なんて考えられない!犬中心の毎日を送っています。趣味はアジリティー(ドッグスポーツ)と写真。

Twitterフォロー