ゴミの分別

今月からウチの地域は、ゴミの分別方法が変わりました。
「プラスチック類」「ゴム類」「皮革類」を「可燃ごみ」として収集する、「サーマルリサイクル収集」になるのだそうです。
今まで不燃ごみ扱いだった、発泡スチロールやプラスチックなどが可燃ごみになったので、これから我が家では可燃ごみが増えることになります。でも、楊枝で刺せるトレーは資源ごみ。しばらくは、パンフレットをよく見て、間違えないようにしなければ…。

サーマルリサイクルとは、最終処分場の延命及び資源を有効活用するため、マテリアルリサイクル(再資源化)を進める一方で、最終処分場の埋め立てに占める割合の高い廃プラスチックについては、埋め立てるのではなく、熱エネルギーとして回収すること。

ヒトミ

著者:ヒトミ

東京在住。犬のいない生活なんて考えられない!犬中心の毎日を送っています。趣味はアジリティー(ドッグスポーツ)と写真。

Twitterフォロー