2016/08/17

4月から電力自由化なので、どれぐらい安くなるか電気代をシミュレーションしてみたけれど。※追記あり

電力自由化

今年の4月からいよいよ一般家庭の電力も自由化され、電力会社を選べるようになります。各会社で事前予約の受け付けが始まっていますね。テレビの情報番組でも取り上げられているので、ご存じの方も多いと思います。番組によると、東京ガスは東京電力より年間6千円も安くなるとか。

ほかの会社はどうなの?ということで、どこの会社が一番お得になるのか調べてみました。

まずはシミュレーション

シミュレーションできるサイトがいくつかありますので、さっそく調べてました。

我が家は現在、東京電力の「半日お得プラン」にしています。平日昼間は不在なので、夜の時間帯の利用がメインです。夜9時から朝9時まで電気代がお得になるのがこのプランです。これより節約できるプランはあるのでしょうか?

東京ガスでシミュレーション

当居ガスの電気料金シミュレーション

残念ながら「半日お得プラン」に対応するプランはないようです。従量電灯Bをお使いならガスとセットで利用することで節約が見込めそうです。

価格コムでシミュレーション

次は価格コムでチェックしてみました。

価格コム電気代シミュレーション

土日お得プラン1型なら、今より2万5千円も節約できる・・・!?

リンク 価格コム電気料金プランシミュレーション

東京電力でシミュレーション

本当に「土日お得プラン1型」が我が家に最適なプランなのでしょうか?東京電力の公式サイトならより詳しくわかるはず。なんせ、実績データが揃っているわけですから(会員登録すると過去24ヶ月分の実績を確認できます)。

で、シミュレーションしたところ……

東京電力の電気代シミュレーション

土日お得プランだと6,732円の赤字。ダメじゃん価格コムw

エネチェンジという複数の会社を一括して比較できるサイトもあります。

リンク 電力比較サイト エネチェンジ

まとめ

残念ながら、現時点では一部の会社の一部のプランしか発表されていませんので、我が家の場合、お得になるのかどうかはっきりしません。各社の動向をチェックしつつ、取りあえず、今のプランのまま様子見することにしました。

というのも、東京ガスはプランが発表されているものの種類が少なく、また、インターネットとセット割になるプロバイダがアサヒネット、エキサイト、ビッグローブ、DTI、OCN、ぷらら、ソネットに限られていること(我が家はイッツコム)。

じゃ、イッツコム(東急パワーサプライ)はどうかというと、電気料金プランがはっきりしていないからです。

【2016-03-16追記】再シミュレーションの結果、我が家は乗り換えることに決めました!

参考 電力自由化まで約2週間!電気料金を再シミュレーションしてみた結果。

【注意!】東電では3月いっぱいで新規申し込みが終了するプランがある

予約を見送ったのにはもう一つ理由があります。

下記の電気料金プランは、2016年3月31日をもって新規ご加入の受付を終了させていただきます。 なお、2016年3月31日時点で、ご契約またはお申し込みをいただいているお客さまにつきましては、当該電気料金プランを引き続きご利用いただけます。
●おトクなナイト8 ●おトクなナイト10 ●電化上手 ●ピークシフトプラン ●夜得プラン ●朝得プラン ●半日お得プラン ●土日お得プラン ●おまとめプラン ●深夜電力 ●融雪用電力 ●農業用低圧季節別時間帯別電力 ●低圧蓄熱調整契約

今のプランをやめてしまうと、再度申し込めない!

契約種別が「従量電灯B」の方は、取り急ぎ上記のプランの方が安くなるかどうかだけはシミュレーションされることをお勧めします。

リンク 東京電力のでんき家計簿

ヒトミ

著者:ヒトミ

東京在住。犬のいない生活なんて考えられない!犬中心の毎日を送っています。趣味はアジリティー(ドッグスポーツ)と写真。

Twitterフォロー