2016/08/17

サイバーナイフ治療の副作用に悩まされる

サイバーナイフ治療

青い線が照射する放射線の角度

 

先日、リンパ節切除したハマクロ、今はサイバーナイフ治療に通っています。

サイバーナイフ治療とは、定位放射線治療の一種で、細い放射線を様々な角度から照射する治療です。範囲をピンポイントで設定できるため、周囲の正常な細胞を傷つけないというメリットがあります。

細かいメッシュ状のマスクで顔を覆い、ベッド状の治療台に寝て高精度の定位放射線治療を受けます。マスクはそれぞれの顔の形に合わせるため、治療が始まる前に一度病院に行って作成します。

参考 国立がん研究センター中央病院 サイバーナイフについて

 

2013年6月に8回治療を受け当時は効果を感じられず、別の治療を模索していましたが、その後、腫瘍は大きくなることもなく一定の効果があったようです。そこで、今回、手術では取ることのできなかった頭蓋内にある腫瘍に対してサイバーナイフ治療を行うことになりました。

サイバーナイフの副作用

今回の照射は5日間で4,723mm3

前回は8日間でしたが、その違いは1回の照射量だそうです。それが影響しているのかはわかりませんが、副作用に悩まされています。

事前に説明された副作用は、唾液の分泌の低下。手術で低下しているのにさらに唾液が出なくなるのか(゚□゚;)アワワ(;゚□゚)アワワ とオットは心配していましたが、何よりも吐き気が続いていて食欲もなく、サンドイッチぐらいしか口にできません。

副作用がひどいせいか(今まで一番つらいらしい)、気弱になっています。

  • 「もうダメかも」とつぶやいたり
  • 「ひな祭りなのに何もできなくてごめん」と涙ぐんだり

 

あのー、お言葉ですが……、ひな祭りに限らず、誕生日ですらイベントごとをしないんですけど?ヽ(´o`;モシモシ?
1月の結婚記念日にケーキを食べたぐらい?(爆)

家に一人でいると気がまぎれなくてあれこれ考えちゃうんだと思う。それだけ、心が弱っているのかと思うと切ないですが、負けちゃダメよ。まだまだ一緒に楽しむんだからね!

家族で応援してるよ!

家族で応援してるよ!

ヒトミ

著者:ヒトミ

東京在住。犬のいない生活なんて考えられない!犬中心の毎日を送っています。趣味はアジリティー(ドッグスポーツ)と写真。

Twitterフォロー