フォーカシングスクリーンはいじっちゃダメ!

一眼レフのファインダーを覗いていたら、黒い点が目に付き
気になり出すと、とっても気になりトレシーでそぉっと撫でてみた。
そうしたらゴミが移動したので、ちゃんと綺麗にしようと今度は
綿棒で拭き拭き。

黒い点は少なくなったけど、なんだかスッキリしない…
ググってみたら、フォーカシングスクリーンを触ってはいけないって…。
ええっ!?そうなのー?
もうやっちゃったよ・・・orz

ということで、アジのレッスンの前に横浜のサービスセンターへ。

「フォーカシングスクリーンに傷が入ってます。」


やっぱり…(^_^;)

フォーカシングスクリーンの交換とセンサーのクリーニングを
お願いしました。
ファインダー内のゴミは分解掃除しないと取れないそうですが、
スクリーン交換前の黒い点+もやもやと比べると気になりません。

フォーカシングスクリーンは非常に繊細な素材のようで
綿棒などで傷が付いてしまうそうです。
気になったらブロアで吹き飛ばし、それでもダメなら
サービスセンターにお願いすること。

いい勉強になりました( ̄▽ ̄)

横浜

Canonの横浜サービスセンターから見た景色

ヒトミ

著者:ヒトミ

東京在住。犬のいない生活なんて考えられない!犬中心の毎日を送っています。趣味はアジリティー(ドッグスポーツ)と写真。

Twitterフォロー