2016/09/07

台風15号で帰宅難民

昨日の台風15号は、暴風雨が凄かったですね。
傘の山

壊れて放置された傘。

 

台風15号の爪痕

近所の神社では、イチョウの葉が大量に散ってました。
関東は夕方に直撃するとの予報だったので、早目に退社。
しかし、電車に乗って途中の停車駅で、風速25mを超えたため
足止めになってしまいました。
車内で動くのを待ちましたが、しばらく動かないとのアナウンス。
iPhoneのマップで帰宅ルートをチェックすると、所要時間は1時間強。
歩いて帰った方が早く着くと思い、歩き出しました。
こういう時、傘はまったく役に立ちませんね。
暴風にあおられて、壊れてしまいました。

駅員さんに道を聞いたにもかかわらず迷ってしまい、まだ営業していた
お店でiPhoneのマップを見せて現在地と地図の見方(向き)を確認。
再度歩きだしたところに、空車のタクシーが通りがかったので乗車。
拾えてラッキーでしたが、この判断、よかったんだか…
というのも・・・


第二京浜(国道一号線)は、渋滞でなかなか動かず
(体感ではお盆の帰省ラッシュぐらいの混み方)
3時間もかかってしまいました。退社時からは4時間半。
道に迷わなければ1時間ちょっとで帰れたはず。
暴風で歩きにくいことを考慮しても2時間あれば着いたかも。
今回の台風で思ったのは

早めに避難する
何といってもこれが一番!
次回同じような台風が来たら、遅くとも直撃の4時間前には
避難したいですね。可能なら会社を休む!

避難ルートの把握
勤務先から家まで帰るルートをいくつか知っておく。
歩いて帰るルートも確認しておく。

レインウェア
今回の台風のように暴風が強いと、傘は何の役にも立ちません。
事前に台風が直撃することが分かっていたのですから、
レインウェアを用意しておくべきでした。
雨に濡れると風邪をひきやすくなりますし、ウェア自体は
コンパクトにたためますし、こういうときは必須ですね。

メガネ・コンタクト
普段は裸眼で、運転する時だけ眼鏡をかけているため
持ち歩いていないのですが、慣れない夜道を歩くときは
よく見えないと余計に不安を感じます。
暴風雨でメガネは見えにくいかもしれませんが、やはり
ないよりはあった方が安心。

携帯電話用充電器
3月11日の大震災の時と違って、通話もメールも可能でした。
そのおかげで家族とも連絡が取れ、途中でオットを
ピックアップすることができました。
こんな時に、電池切れになってしまうと非常に不安です。
残量が30%を切っていたので、コンビニでスマートフォン用の
充電器を購入しました。
こういう事態の時は売り切れることもありますから、事前に
用意しておいた方がいいですね。
旅先での充電用にエネループを使っていたのに、持って行くことを
思いつかなかった!
充電器""
今回買った充電器(左)、USB端子付きのエネループ(右)
スマートフォンはバッテリーの減りが早いので一つあると便利。
エネループはUSB端子から、iPodなどの音楽プレーヤーや
デジカメの充電もできます。
エネループ

帰宅した時、キャンティもホッピーもノアも寝てました。
リビングのドアを開けてやっと気づいたぐらいに爆睡。
どうしているか心配だったのでホッとしました。
トイレも無事でした。
キャンティは室内の大トイレで、ホッピーはサークル内の
トイレトレーでチッコとウンPをしてました。
(ホッピーがウンPを踏んでなくてよかった!)
ノアのサークルにもトイレトレーを置いてあるのですが、
排泄せずに我慢していたようです。
(ノアは3頭の中で一番きれい好きなので、サークル内の
トイレはめったに使わないのです。)

ヒトミ

著者:ヒトミ

東京在住。犬のいない生活なんて考えられない!犬中心の毎日を送っています。趣味はアジリティー(ドッグスポーツ)と写真。

Twitterフォロー